【仕事辞めたい・会社辞めたい.com】 -転職の方法は?-

△ トップページへ

転職に関する情報をご紹介

求人雑誌で転職先を探してみる

「転職先を探す」のであれば、まず「求人雑誌」を手に取る人が多いのではないでしょうか?最近では無料で配布されている求人雑誌も多いことから、これを手に取って次の職場を探す人も多いですね。それでは、求人雑誌で転職先を探す「メリット」と「デメリット」について考えてみましょう。

まず「メリット」ですが、「即決される場合が多い」ということが言えます。求人雑誌は不特定多数の人が見るため、他のどの求人媒体よりも「急募」であることが多いんですね。したがって、「企業に連絡→面接の日取りが決定→採用が決まる→働き始める」までの時間がとても短いのです。ですので、「今すぐ働きたい」という人にはありがたい「求人媒体」と言えるでしょう。

一方、「デメリット」ですが、「不特定多数」の人が閲覧するのが求人雑誌であるため、「なかなか魅力的な職場を探しにくい」ということが言えます。ためしに求人雑誌をパラパラとめくってください。一流企業の求人がほとんどないことに気づくはずです。一流企業は、「レベルが高く、強いやる気を持った即戦力」を求めていますので、不特定多数に見られる求人雑誌ではなく、ハローワークなどの「登録しないと閲覧できない」という求人媒体に広告を出していることが多いんですね。

もちろん、だからと言って求人雑誌に載っている求人広告の全てが「魅力がない」と言っているわけではありません。求人雑誌の中にも魅力的な求人が多くあるのは当然ですし、場合によっては一流企業よりも中小企業の方が厚遇されていることも珍しくありません。つまり、自分に適した転職先を探すのであれば、「ハローワーク+求人雑誌」のように、様々な角度から転職先を探すのが賢い方法だと言えるのです。

▲このページの上部へ