【仕事辞めたい・会社辞めたい.com】 -転職の方法は?-

△ トップページへ

転職に関する情報をご紹介

これまでの「実績」をまとめておこう!

転職者の面接や選考において、人事担当者が最も重視するのは「実績」です。「この人はこれまでに、このような実績と経験を踏んできたんだな」というのが好意的に人事の目に映ると、あなたを採用してくれる可能性がグッと高くなるんですね。また、このような過去の実績をアピールできる最大のチャンスこそ「面接」です。したがって、面接時に自分の過去の実績などについて、しっかりとアピールできるように練習しておきましょう。

転職の面接において、よくあるのが「聞かれたことだけに答える」というものです。これはいけません。たとえば、「あなたはなぜ弊社を希望されたのですか?」という基本的な質問に対しても、「私の○○という実績が御社で生かされると思ったためです。また、××の経験に関しても、必ず御社の業務に貢献できると考えたためです」などと答えておきましょう。全ての質問に対して実績と経験をアピールする必要はありませんが、ポイントとなる質問に対しては、「わざとらしくない程度」にあなたの過去の実績や経験を入れておくことが効果的なのです。

新卒の社員であれば、人事は単純に「人柄」を重視して選考するのですが、転職者の場合、「この人の過去は…」という部分が重視される傾向にあります。したがって、あなたの過去の実績や経験をアピールすることは、人事の目に好印象に映るだけでなく、「なるほど。この人はそのような過去を送ってきたんだな」と深く理解してもらえるため、「人事担当者に覚えてもらえる」というメリットもあるんですね。

そのためには、やはり面接の前に自分の過去の実績や経験について「復習」しておく必要があります。自分の過去の実績や経験が自然と言葉として出てくるようになるまで、何回か練習をしておいた方が良いと思いますよ。

▲このページの上部へ